フツウの毎日、ハッピーな毎日。


by lotta-miz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

既に2度目。

a0090126_2312810.jpg

世界にひとつのプレイブック

解説:それぞれに愛する人を失い心に傷を負った男女が再生していく姿を、涙と笑いでつづる
ヒューマン・コメディー。
オスカーで6部門にノミネートされた『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督が
人生の再起に懸ける男女をハートフルに描く。
主演は『ハングオーバー!』シリーズのブラッドリー・クーパーと『ウィンターズ・ボーン』
のジェニファー・ローレンス。
さらにロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァーらベテランが脇を固める。


ストーリー:妻が浮気したことで心のバランスを保てなくなり、仕事も家庭も全て
失ってしまったパット(ブラッドリー・クーパー)は、近くに住んでいるティファニー
(ジェニファー・ローレンス)と出会う。
その型破りな行動と発言に戸惑うパットだったが、彼女も事故によって夫を亡くしており
その傷を癒やせないでいた。
人生の希望を取り戻すためダンスコンテストに出ることを決めたティファニーは半ば強制的に
パットをパートナーに指名する。(シネマトゥデイより)



観終わった時にホッと温かくスーっとしました。わたしも何だか頑張ろう!と思いました。

ダンス大会の場面はもちろんだけどティファニーがパットの家に来てパット父の
デ・ニーロさん相手にやり合う場面もすごく良かった。
ティファニー役のジェニファー・ローレンスはデ・ニーロさんの存在感に全然負けてなくて
目が釘付けでした。
綺麗なコなのにちょいとおブスな表情も切ない顔もトボけた顔もすごく魅力的。
このティファニー役のオーディションではアンジーやアン・ハサウェイ、キルスティン・
ダンストなどもライバルだったそうですが、ジェニファーちゃんが演じてなかったらきっと
役の生々しいキレキレ度もリアル感も全然別モノ。
日本時間でいよいよ明日のアカデミー賞、ノミネートされている主演女優賞是非獲ってほしい!


パットやティファニーだけでなく、パットの家族も友達もみんな少しズレていて何だか
ガーガーこうるさくて。
でも全然あからさまじゃないのにみんな結局ちょっとあたたかくて。
色々欠点有っても良い面ももちろん有る家族、友人でこちらも心温まります。
ロバート・デ・ニーロパパにはちょいちょいフフっと笑わせて頂いたけど、わたし的には
パットママの丸ーい柔らかい雰囲気、そして心細そうな感情の演技も印象的でした。



すごく楽しみにしていたこの映画。公開初日のおととい金曜日に早速観てきました。
観終わった直後に絶対又観る!と決め、そしてたった中1日で今日また観た映画です。
2回目の観賞の今日、展開を知っているのに最初に観た時より泣けたし更に楽しい気持ちで
映画館を出ました。

今日一緒に観たのは夫。夫は先日観たダイハードのようなアクション系映画が好きで
この映画については前半ちょっと長いなぁ・・・と。
わたしも初回はそう思わなくも無かったけど、でもそう思っても最後はきっとスーっとする
お話。

アカデミー賞作品賞にもノミネートされていますが、それはちょっとタイプ違うかなーと。
でも主演女優賞! 若くてむっちりピチピチボディのジェニファーちゃん(^◇^)ー
どんなドレスに髪型、メイクなのか今からめっちゃ楽しみです!






[PR]
by lotta-miz | 2013-02-24 23:57 | 日々のこと